財産【株式】

投稿者: | 2016年10月18日

株式などの相続手続については、各会社で所定の用紙がありますので、まずは、すべての所定の用紙を取り寄せる必要があります。
また、提出すべき必要書類が、会社によって異なる場合がありますので、これを確認する必要があります。

  • 証券会社の口座に株式がある場合には、所定の用紙の取寄せ及び記入が必要となること、名義変更や売却のためにその証券会社に相続人があらたに特定口座を開設することなどを求められることから、相続人本人が営業時間内に証券会社の窓口に出向かなければならないことは、預貯金の場合と同様です。
  • また、売買の最低単位に満たない単元未満株については、まず、その銘柄の株主名簿を管理する信託銀行に必要書類を提出のうえ、名義変更手続を行わなければなりません。処分する場合には、先に名義変更のうえで単位未満株の買取請求を信託銀行に行う必要があります。

サポート内容

すべての遺産に関する所定の用紙の取り寄せ、必要書類の確認をいたします。
相続人であるご依頼者を代理して、株式の名義書換手続を行い、また、株式の売却を希望されてる場合には、売却手続も代理して行います。

ご依頼者が、平日の営業時間内に証券会社などに出向く必要がないことは、預貯金の場合と同様です。

費用 相続手続きに関する費用はこちら