相続手続

相続人が誰なのか確定し、残された財産(遺産)も判明したら次に、実際に遺産を相続するために必要となる事務手続きを行う必要があります。

遺言書がない場合

財産(遺産)の分け方を相続人で協議

①合意ができない場合
詳しくはこちら

②見ず知らずの相続人がいる場合
詳しくはこちら

③相続人間で合意ができた場合
遺産分割協議書の作成
特別代理人選任申立

具体的な相続事務手続

①不動産
不動産の登記名義の変更

②不動産以外
預貯金
株式
その他

 

遺言書がある場合

手続きはこちら

 

相続税の申告手続き

詳しくはこちら

事例集:【ケース1】もめてはないのだけど・・・
事例集:【ケース2】私のほかにも子どもがいたなんて・・・
事例集:【ケース4】子どもが相続放棄をしたら、夫の姉が相続人に?
事例集:【ケース8】いずれ遺言書を書いてもらうつもりだったのに…